2024年07月04日

現在、神崎郡内では手足口病の流行が「警報レベル」になっています。
年齢別でみると0~4歳児が全体の88%を占めています。
手足口病は、飛沫や接触や便からも感染します。手洗いや手指消毒を行うとともに、便を適切に処理することが大切です。おむつ交換後はしっかりと手洗いをしましょう。
「いつもと違うな」と感じるときは早めに受診しましょう。